福岡でED治療を受けるためメンズ専用クリニックに行きました

特別な内容ではなく、性行為をする1時間前に1錠を服用するだけ

元気のなさを感じるようになったのは、30代後半くらいから特別な内容ではなく、性行為をする1時間前に1錠を服用するだけ下半身を元気にさせるためには、まずは全身の健康が必須

30代も半ばを過ぎると、基礎代謝が低下して脂質異常症や高血圧、高血糖などのリスクを高めるそうです。
血行が悪くなると陰茎海綿体に必要な血液が瞬時に届けられなくなり、それが勃起力不足や中折れを招くと話していました。
そこで陰茎海綿体への血流量を増やすために、ED治療薬による治療を推奨されることに。
ただ治療とは言っても特別な内容ではなく、性行為をする1時間前に1錠を服用するだけです。
医師によると対症療法的なもので、必要なときに必要な勃起力を得ることが目的だそうです。
根本的にEDを治す薬ではないので、生活改善も並行していく必要があるとアドバイスを受けました。
具体的には血液がドロドロにならないように食生活に気を配り、あとはできるだけ運動することです。
規則正しい生活をしっかりと続けていれば、精力がある程度回復する可能性が高いと言われましたね。
そこで生活を根本から見直しつつ、必要な場面でED治療薬を服用するようにしました。
ED治療は自分が考えていたよりも、自信復活に役立ちました。
これを飲めば大丈夫だと考えられるようになり、中折れがほとんどなくなったわけです。
そうして考えてみると、EDにはメンタル面が大きく関係しているのでしょう。
言われてみればメンタルが不安定なときは勃起力が弱く、逆にメンタルが安定しているときは強くなっていました。

https://t.co/XfU85xbbd8
フィットクリニックでは全国 #オンライン診療 を実施中📲#福岡 の患者様もお待ちしております😷#大宰府政庁跡 桜の時期にも訪れてみたいです😌🌸#太宰府 #シアリス #レビトラ #ED治療 https://t.co/m0Kn0czigC pic.twitter.com/ijLOo9dmjS

— フィットクリニック笹塚院【公式】 (@Fitclinic_snjk) September 9, 2020